活動報告

活動報告

FHIR研究会セミナー FHIRにおける認証機構~安全に医療情報を使うために~

おかげさまで400名以上のご参加をいただき、盛会に終了いたしました。ご視聴くださいまして心より感謝申し上げます。

https://fhir2020winter.peatix.com/

資料につきましては下記リンクからダウンロードできます。

 

テーマ:FHIRにおける認証機構 ~安全に医療情報を使うために~
日時 : 2020年12月5日(土) 14時30分〜17時30分
場所 : Webinarによる開催(利用会議ツール:Cisco Webex)
定員 : 500名
参加費: 無料
医療情報技師ポイント: 3ポイント

主催:日本医療情報学会 課題研究会FHIR研究会
後援:日本医療情報学会東北支部会

 

開会挨拶 日本医療情報学会東北支部会 中山雅晴(東北大学)   [14:30〜14:35]

講演1 上中 進太郎(インターシステムズジャパン株式会社)    [14:35〜15:05]
    「OAuth/OpenID入門と医療分野の事例」

講演 2 塩川 康成(一般社団法人 日本IHE協会)         [15:05〜15:35]
    「IHE on FHIR ~OAuthを利用した IUAプロファイル~」

休憩時間                            [15:35〜15:45]

講演3 鳥飼 幸太(群馬大学)・土井俊祐(東京大学)       [15:45〜16:15]
    「FHIRのREST API in nutshell」

講演4 木村映善(愛媛大学)                    [16:15〜16:45]
    「Sandboxを利用したOAuth認証付きAPI利用方法」

質疑・ディスカッション                       [16:45〜17:15]
座長: 中山雅晴(東北大学)、木村映善(愛媛大学)

閉会挨拶                             [17:15〜17:20]

JCMI39シンポジウム

第39回医療情報学連合大会(JAMI39) 公募シンポジウム2次世代規格FHIRで広がる可能性

日時:11月23日(土)9:00-11:00

場所:幕張メッセ国際会議場  A会場


☆資料の利用に際しましてはクレジット(トップページURL/FHIR研究会/著者)の明示をお願い致します

座長: 中山 雅晴(東北大学大学院医学系研究科 医学情報学分野) 木村 映善(国立保健科学院)
FHIRに対する期待と課題(pdf) 中山 雅晴(東北大学)

HL7FHIRとは何か?(pdf) 塩川 康成(キヤノンメディカルシステムズ株式会社)

医療情報統合を目的とした情報基盤整備とHL7 FHIRを利用した情報活用の展望(pdf) 田中 良一(岩手医科大学)

HL7 v2.5インターフェースおよびSS-MIX2への持続的変更がFHIRへの適合を促進した事例(pdf) 鳥飼 幸太(群馬大学医学部附属病院)

FHIRを最大限活用できる方法論とは ? リソースの仕組みを活かす(pdf) 木村 映善(国立保健医療科学院)
パネルディスカッション
中山雅晴、木村映善、塩川康成、田中良一、鳥飼幸太

第3回FHIR研究会

日時:2019年11月22日 16時-18時

場所:幕張メッセ 国際会議場2F控室5

参加者(敬称略): 中山雅晴、田中良一、木村映善、美代賢吾、武田理宏、鳥飼幸太、塩川康成、土井俊祐、上中進太郎、南部茂樹

共催:岩手医療情報研究会

岩手医療情報研究会(世話人:岩手医科大学田中良一先生)ナイトセミナーとの共催を開催しました。本研究会からは、上中進太郎様、木村映善先生が講演されました。講演資料(PDF

» 続きを読む